Profile


profile_im_01

お仕事のご依頼・お問合せは
㈱マリアートまで
info@mariart

profile_tx_name
profile_tx_tamano
オリジナルミュージカルの作・演出・振付、そして俳優として高い評価と人気を得ている
オールラウンドのエンターテイナーであり、日本を代表するタップダンサーでもある。
またブロードウェイ・ミュージカルの演出・振付も手掛ける。第34回菊田一夫演劇賞。
» 作・演出・振付・出演・リリース・賞リスト
» オリジナル作品リスト
profile_im_award
profile_tx_award
2013 2012年度ミュージカルベストテン振付賞授賞
2009第三十四回 菊田一夫演劇賞「THE TAP GUY」脚本・演出・振付の
成果に対し受賞
2009第17回読売演劇大賞上半期スタッフ賞ノミネート
1999第一回東京芸術劇場ミュージカル月間「THE MUSICAL MAN」にて
優秀演出・振付・演技賞を受賞

History

profile_im_history
国立宇部高専化学科卒業後、劇団俳協等を経てミュージカル・ショー・ライブなど数々の舞台で活躍。
20171月 A NEW MUSICAL「CROSS HEART」(作・演出・振付・出演)大盛況、大好評を得る。
2月オフブロードウェイミュージカル「ALTAR BOYZ」の演出を手掛け、大好評を得る。
5・6月「CLUB SEVEN -ZERO-」(シアタークリエ他)脚本・構成・演出・振付・出演において、大盛況、大好評を得る。
11月「 Kazunori Tamano presents Super Collaborate Show "One Night Dream"」(東京国際フォーラムC)構成・演出・振付・出演
20163・4月SHOW HOUSE「GEM CLUB」(シアタークリエ他)脚本・構成・演出・振付・出演を手掛け大好評を得る
7・8月 東京国際フォーラムC他にて、ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」(演出・振付・上演台本)
9月 姿月あさと×マテ・アラマス×伊礼彼方 「Special Live」草月ホール他(構成・演出・振付)
12月 A NEW MUSICAL「CROSS HEART」(作・演出・振付・出演)
20154月「CLUB SEVEN 10th stage!」(シアタークリエ他)脚本・構成・演出・振付・出演を手掛け、大盛況、大好評を得る。
5月「DOWNTOWN FOLLIES vol.10」出演・タップ振付(ルミネtheよしもと)
7月 NHK「らららクラシック」出演
7・8月ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」(東京国際フォーラムC 他)演出・振付・上演台本
7月「Dramatic Musical Collection2015」(天王洲銀河劇場)スペシャルゲスト出演
8月 朝日カルチャーセンターにて「玉野和紀の舞台語り」講演
9月 水夏希コンサート「SHOW with MIZU」(構成・演出・振付・スペシャルゲスト出演)
201411月に「50周年記念小林幸子in日本武道館 夢の世界」(構成・演出・振付・出演)を手掛け大成功を収める。また、11月12月「ALTAR BOYZ」の演出を手掛け、大好評を得る。
10月シアタークリエ 他にて「道化の瞳」(作・演出・振付・出演)を手掛け、高い評価と大好評を得る。
7・8月東京国際フォーラムC他にて、ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」(演出・振付・上演台本)をビッグリニューアルし大好評を得る。
4月日比谷シアタークリエ他にてミュージカル・コメディ「ラブ・チェイス!!」(作・演出・振付・出演)を上演し好評を得る。
1月帝国ホテルディナーショー「CLUB SEVEN 10th Anniversary Party」が大盛況大好評を得る。
20133月、4月 シアタークリエ他にて、黒木瞳を主演に迎えオリジナルミュージカル「私のダーリン」(作・演出・振付・出演)を手掛け、大盛況・大好評を得る。
2012年度ミュージカルベストテン振付賞を授賞。
6月 小林幸子50周年記念コンサートの総合演出(構成・演出・振付)を手掛ける。
12月「CLUB SEVEN 9th stage!」(シアタークリエ他)の脚本・構成・演出・振付・出演を手掛け、大盛況大好評を得る。
20121月 オフブロードウェイ「ALTAR BOYZ」再々演の演出を手掛け好評を得る。
4月 オリジナルミューカル「道化の瞳」(シアタークリエ他)の作・演出・振 付・出演を手掛け、連日満員御 礼で高い評価を得る。
8月「CLUB SEVEN 8th stage!」(シアタークリエ他)の脚本・構成・演出・振付・出演を手掛け、満員御礼大好評を得る。
9月 トニー賞主演女優賞を2度獲得したサットン・フォスター来日記念ガラコンサート(新国立劇場中劇場)の演出・振付又出演し高い評価を得る。
20111月 川平慈英とともに「Daddy’s kids are Back on Stage!」の構成・演出・振付を手掛ける。
4月 シアタークリエにてNEW ENTERTAINMENT SHOW「 CLUB SEVEN "7th stage!"」の脚本・構成・演出・振付・出演を手掛け、即日完売となり、大盛況・大好評を得る。
8月 北海道にて十勝芸術祭参加作品
9月 名橋「日本橋」架橋100周年記念として「100年のI LOVE YOU」を手掛ける。
12月 日本橋三井ホール「Piaf」にジャン・コクトー役で出演し好評を得る。
2010松坂慶子ディナーショー、黒木瞳30周年記念ディナーショーなどの構成・演出・振付、7月に日比谷シアタークリエにて上演された作・演出・振付による「まさかのchange?!」(製作 / 東宝)が連日満員御礼の快挙を達成し、大好評を得る。
11月 オフブロードウェイミュージカル「ALTAR BOYZ」 再演の演出を手掛ける。
20092月 ニッポン放送開局55周年記念公演 オフブロードウェイミュージカル「ALTAR BOYZ」の演出を手掛け、高い評価を得る。

4月 「THE TAP GUY」脚本・演出・振付の成果に対し第三十四回 菊田一夫演劇賞を受賞。
2008「月刊ミュージカル」"2007年ミュージカル・ベストテン"にて脚本・演出・出演のオリジナルミュージカル「THE TAP GUY」が第7位に選ばれる。また、ベスト男優部門で第5位、特別賞では第2位に選ばれる。10月には同作品を再演。

7月 NHKプロジェクト"番組たまご"である"音楽バラエティー番組「今宵ゴージャス」"を振付・出演し、8月には同局 「第40回 思い出のメロディー」にて松坂慶子「愛の水中花」の振付。

12月 "笹本玲奈 10th Anniversary Show「Jewel」" の構成・演出・振付を銀河劇場にて好演。
20073月 民放BS共同制作「イチロー×黒木瞳 ~夢の共演~」タップダンス振付。
NHK「きよしとこの夜」にて松坂慶子ゲスト出演時には振付出演、黒木瞳ゲスト出演時にはTAPを振付。
12月 NHK紅白歌合戦にて布施明「君は薔薇より美しい」のダンサーの振付を担当する。
20061月「Broadway Gala Concert2005・2006」ゲスト出演。
20052月、12月「Broadway Gala Concert2005」ゲスト出演。
20043月 NHK特別 MUSIC IN DRAMA「ホシに願いを」に振付、出演。
4月 NHK-BS「あなたが選ぶ映画音楽」"ジーン・ケリー VS フレッド・アステア"コーナーの振付、出演をし好評を得る。
12月 NHK 教育テレビ「芸術劇場/開演5分前」にドキュメンタリーで紹介される。
20039月 銀座王子ホール『GINZAめざましクラシックスVol.25』に出演。ヴァイオリニスト高島ちさ子らの弦カルとタッ プを披露。そして"blast"パーカッショニスト石川直とのコラボレーションも展開。  
20022月 オーチャードホール『第6回クラッシックはいかが?』に出演。
新日本フィルハーモニー交響楽団と「タップダンサーと管弦楽の為の協奏曲」を披露。
2001オリジナルミュージカルコメディー「まさかのchange?!」がシアターガイド月間ベストテンにて、作品部門、演出・振付部門、ベスト プレーヤー部門第一位の3冠王に輝く。

9月 世界遺産・築城400年記念「二条城音舞台」に出演。
藤舎名生、服部克久らとコラボレーションを繰り広げる。
1999第一回東京芸術劇場ミュージカル月間に選定され、「THE MUSICAL MAN」にて優秀演出・振付・演技賞を受賞。
1992オリジナルミュージカルの作・演出・振付を手掛け大好評を得る。
1997年には(財)ヤマハ主催の「現代音楽の夕べ」にて日仏コンクール第一位の若手音楽家、金子仁美が玉野のタップの為に作曲したミブリタップ(委囑 作品世界初演)を披露し成功を収める。
1990日本で初めてオーチャードホールにてデュークエリントン・オーケストラとのタップダンスによる共演が実現。デュークエリントン総指揮者の マーサ・エリントンによりその実力を買われブロードウェイミュージカル出演の誘いを受ける。
1989タップダンス、ジャズダンスのインストラクター及びミュージカルイベント・ショー・パフォーマンス・CM等の出演・演出・振付を手掛ける。
1986N.Yに渡米し数々のショーのオーディションに合格する。
タップはグレゴリー・ハインズの師であり、ソフィスティケイ ティッド・レディースの振付師ヘンリー・ルタンに師事。